自律神経の乱れを改善するスーパーライザーとは【姫路の尼子整骨院】

jiritu4

 

こんにちは、姫路の尼子整骨院です。

 

自律神経施術に用いるスーパーライザーって何?

 

とよく聞かれることがあります。

 

またブログを見てくださった方からも、同じような質問をされることがあります。

 

ですので、今日はスーパーライザーについて少し説明させて頂きますね。

 

----------

■スーパーライザーとは?

----------

 

スーパーライザーとは、近赤外線を照射する治療器です。

 

最大の特徴は、身体の奥のほうまで照射できるということです。

 

病院やクリニックでも使用されている治療器です。

 

オリンピック、Jリーグ、プロ野球、ワールドカップサッカーでも使用されました。

 

----------

■近赤外線を使ってなにをするの?

----------

 

首に奥のほうにある星のかたちをした交感神経の集合体に照射します。(星状神経節照射)

 

そうすることで、働き過ぎている交感神経を抑制し、副交感神経の働きを高めます。

 

jiritu5

 

----------

■副交感神経の働きを高めるとどうなるの?

----------

 

結論から言うと

 

●自律神経

●ホルモン分泌

●免疫力

 

が正常な働きを取り戻します。

 

少し詳しく説明すると、副交感神経の働きを高めることでリラックスした身体の状態になり、全身の血流が良くなります。

 

特に脳の血流が良くなることで、脳の奥の方にある司令塔(視床下部)が正常に働きます。

 

これが一番の強みです。

 

jiritu6

 

この司令塔(視床下部)は

 

●自律神経

●ホルモン分泌

●免疫力

 

をコントロールしていますので、これら3つが正常な働きを取り戻すということです。

 

これが様々な症状に効果的だと言われている理由です。

 

----------

■効果が期待できるものは?

----------

 

自律神経失調症、更年期障害、パニック障害、過換気症候群、過敏性腸症候群、脳卒中後遺症、

不眠症(睡眠障害)、睡眠時無呼吸症候群、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、月経異常、月経前緊張症、

月経困難症、自己免疫性疾患、多汗症、ニキビ、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、

反射性交感神経萎縮症(カウザルギー、幻肢痛、断端痛)、円形脱毛症、抜歯後痛、

末梢神経性顔面麻痺、緑内障、飛蚊症、ドライアイ、アレルギー全般、突発性難聴、

メニエール病、良性発作性頭位めまい、いびき、口内炎、歯肉炎、口内乾燥症、

上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群)、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、不整脈、

慢性気管支炎、気管支ぜんそく、胃炎、逆流性食道炎、痔核、便秘、下痢、子宮内膜症、

膀胱炎、不妊症、神経性頻尿、夜尿症、ある種の高血圧、冷え症

など(他にもありますが、多すぎて書ききれません)

 

これだけあると読む気になりませんよね。

 

要は、これだけ多くの病気や症状に影響を及ぼす

 

●自律神経

●ホルモン分泌

●免疫力

 

は、人の健康を維持するために重要な働きをしているということです。

 

当院では、すべての患者様が自律神経施術(スーパーライザー)を受けられています。

 

----------

■どれくらい治療すればいいの?

----------

 

その人の症状にもよりますが、理想的なのは、週2回のペースで計12回、これを1クールとしています。

 

この1クール終了後に評価をして、終了、継続、中止のご提案をさせて頂きます。

 

自律神経が乱れる原因は、人によって違いますし、様々な原因があると思います。

 

自律神経の乱れは、すぐに正常な状態へ戻るものではありませんので、1クール受けられることをオススメします。

 

●身体の内からアプローチをする自律神経施術

●身体の外からアプローチをする整体

 

これらを組み合わせることが、本当の根本改善だと思いませんか?

 

より身体の変化を実感して頂けると思います。

 

----------

 

●自律神経失調症、自律神経の乱れで悩まれているあなたへ

http://amako-seikotsu.com/jiritu/

 

当院へのアクセス情報

住所〒671-2201 兵庫県姫路市書写2275
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話079-266-0180
駐車場院前に6台あり
立地兵庫県立大学姫路書写キャンパスの目の前