梅雨時期に身体の不調を感じていませんか?

 

こんにちは、姫路の尼子整骨院です。

 

紫陽花の花が少しずつ色づきはじめる時期になりましたね。

 

院内の花瓶にも紫陽花を飾る日も増え、お花好きの患者様にも

“可愛らしいね”

との声をいただいたり、院内を明るくしてくれています。

 

今年は梅雨入りが発表されたにもかかわらず、梅雨空が少ない日が続いていますので、梅雨本番はこれからといったようですね。

 

----------

■なぜ、梅雨の時期に身体の不調を感じる?

----------

 

雨の日が続くと、頭痛・シビレ・身体がだるい・めまいがする・古傷が痛む・身体の不調を感じやすいという方も多いのではないでしょうか?

 

当院に来ていただいている患者様でも、梅雨の時期は辛いという方も少なくありません。

 

その体調不良の原因の一つと言われているのが、空気中の湿度の高さです。

 

雨が続いて湿度が多い日が続くと、体内もジメジメとなりそうなのはイメージできますよね。

 

梅雨の時期は、実際に体内に余分な“水”が溜まりやすくなると言われています。

 

この体内の余分な“水”が身体の不調を引き起こしている可能性があります。

 

----------

■余分な“水”が体内に溜まってしまうと?

----------

 

梅雨の時期、大気中の湿気や湿度が多くなると、私たちの体内にある余分な水分も外に出にくくなり、十分に汗をかくこともでない、体温調整がうまくできないなど新陳代謝が乱れ、身体の不調を引き起こすと言われています。

 

そして体内に余分な“水”が溜まると、身体が冷えやすくなり、代謝も悪くなります。

 

代謝が悪くなることで、排せつ機能も低下して、さらに水分を溜めやすくなり悪循環になります。

 

身体のだるさ・鈍い痛み・むくみ・胃の不調といった症状が現れ、悪循環になることで、症状は治りにくく、長引くこともあるため注意が必要です。

 

----------

■梅雨をスッキリと過ごすために

----------

 

まず、不調を引き起こす原因である体内の余分な“水”を溜めないように“水はけ”のよい身体づくりが、スッキリ過ごすために大切です!

 

そのための3つのポイントをご紹介します。

 

①汗をしっかり流しましょう。

汗をかくことで、体内にある余分な“水”を排出しましょう。

余分な水分が身体に溜まると体温が下がるため、運動や半身浴など入浴で汗をしっかり流しましょう。

 

②水分を上手に摂りましょう。

汗を流すだけでなく、上手に水分を摂ることも大切です。

水分を摂るときは少量を、こまめに摂るようにしましょう。

そして気温が高くなると冷たい飲み物をガブガブと飲みたくなりますが、身体の内側を冷やしすぎてしまい、代謝を悪くしてしまう可能性があります。おすすめは常温または白湯です!

 

③旬の食材を取り入れましょう。

身体の余分な水分を出す手助けをしてくれるのは、利尿作用のある夏野菜。

きゅうり・スイカ・トマトなどの夏野菜には利尿効果があります。

あとは豆類・トウモロコシも。ただ夏野菜は食べ過ぎると身体が冷えてしまうので注意しましょう。

加熱したり、常温で食べることで必要以上に冷やさない工夫ができます。

 

----------

 

梅雨に入りスッキリしない日が続いてるという方、取り入れやすいポイントから試してみてくださいね。

 

梅雨の過ごし方を工夫すると、夏バテ予防にもなります!

 

----------

 

●梅雨時期に身体の不調でお悩みの方は

http://amako-seikotsu.com/jiritu/

 

当院へのアクセス情報

住所〒671-2201 兵庫県姫路市書写2275
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話079-266-0180
駐車場院前に6台あり
立地兵庫県立大学姫路書写キャンパスの目の前